top of page
  • 執筆者の写真小泉しんぺい

政党の公認について

こんにちは。


活動をしていると、

「もともと政党の公認は取るつもりだったの?」

と聞かれることがよくあります。


私は、公正・公平な立場で政治に関わりたいと考えているため、

初めから公認を受ける予定はなく、申込みもしませんでした。


政党の公認を受けるには、党によって内容は異なりますが、

小論文を書いたり、演説動画を送ったり、党員としてボランティア活動を行ったりして、

偉い人たちの審査を受けるそうです。

公認を受けると、「公認料」という活動費用が候補者に支払われます。


さすがに、選挙の活動費用を党に出してもらって当選したら、

その議員は党を裏切ることができなくなります。

例えば議会において、内心では反対したい案があっても、党の方針として賛成なら、

その議員は賛成と言ってしまうことでしょう。

なんだか残念ですね…💦


また、多摩市議として当選したとしても、よその自治体の選挙で党の公認候補者がいれば、

その応援にも駆り出されることになります。

自治体同士の横の繋がりは大事ですが、よその選挙のお手伝いをさせるために

多摩市民はその候補者に票を入れたわけではありません。

過度な応援も、市民の期待を裏切ることになってしまいます。


小金井市には、無所属の議員が10人もいて議論が非常に活発だと聞いたことがあります。

本来、市議会というのは、市民の生活に直結した議会であるため、

国会と同じ政党が同じ比率で存在していたら、国会の真似事となるだけで、

存在意義が無くなってしまいます。

無所属の議員こそ、本当の意味で、市民のために働くことができると思っています。


旧統一教会の問題もまだまだ解決していません。

霊感商法・高額献金に苦しんでいる人がたくさんいるのに、

その団体に支持されて、お礼に議員としての発信力を提供するというのは、

議員として、人として、あってはならないことです。


しかし、選挙の投票率が上がらないことには、

組織票の持つ力の前に、無所属・市民派の候補者は勝つことができません。


ぜひ、今回の統一地方選は、自治体の未来を任せられる、

しっかりとした理念を持っている候補者を選んで、みんなで選挙に行って、

投票率を上げていきましょう!


(写真は今朝の唐木田駅前です)



閲覧数:150回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page